庭がなくてもウッドデッキの設置は可能?

ウッドデッキを設置したいけれど、自宅に広い庭がないから無理だろう。
そんなふうに諦めている人もいるかもしれません。
しかしながら、ウッドデッキを設置するのに、必ずしも広い庭がなければいけないという事はありません。

例えば最近は、マンションのベランダや戸建てのバルコニーに、ウッドデッキを設置する人も増えています。
確かに狭いウッドデッキでは、友達を呼んでBBQをしたり、
子供用のビニールプールを置いたりする事は無理があります。
ですがイスを置いて、天気がいい日には本を読みながらお茶を飲んだり、
満月の夜には晩酌を楽しんだりするなど、リラックス出来るスペースとなるでしょう。

それに広いウッドデッキだと設置する費用も高くなってしまいます。
また日々の掃除やメンテナンスだって大変です。
そう考えると、狭いスペースを有効的に活用出来る、ウッドデッキがオススメだと言えるでしょう。

それに庭がなくても、家の前に車を駐車させるスペースがあれば、ウッドデッキの設置は可能です。
ウッドデッキ付きカーポートと呼ばれ、カーポートの上にウッドデッキを設置します。

そうする事で、ベランダよりも広々としたスペースを確保出来ます。
しかもウッドデッキ付きカーポートのメリットは、車が雨風にさらされるのを防ぐ事が出来ます。
そのため車が汚れにくくなるため、洗車の回数が減らせますし、車の耐久性も長くなるでしょう。

それにウッドデッキ付きカーポートを設置する事で、2回部分の目隠しにもなります。
他にも戸建ての強度をアップさせるため、耐震性が増し、
メンテナンスもほとんど必要ないためお手入れが楽です。

ただし、ウッドデッキ付きカーポートは、2階部分に位置するため、
2階からの出入りが必要となります。
そのため2階部分にドアや窓を増設しなければいけないケースもあります。
戸建て部分のリフォームも必要になるために、通常のウッドデッキの設置よりも大がかりな工事となります。
その分工事期間や費用が高くなるというデメリットがあります。

料金相場は、150万円程度ですから、庭にウッドデッキを設置する場合の
料金相場の3倍以上の費用がかかります。

また2階部分に位置するため、ウッドデッキ付きカーポートで
小さな子供やペットを遊ばせる場合には、落下を予防するためのフェンスも必要となります。

庭にウッドデッキの設置するスペースがなく、駐車場の位置的にウッドデッキ付きカーポートも無理。
その場合は、住居のタイプにもよりますが、住居の屋上部分にウッドデッキを設置する事が可能です。

屋上部分に設置すると、高さがあるため、人目が気にならなかったり、
景観の良さを楽しんだりする事が出来ます。
それに屋上にウッドデッキを設置すると、材木が断熱材の働きをするので、
夏の屋上の温度を下げる効果があります。それに屋上にウッドデッキを設置して、緑を置けば憧れの空中庭園の完成です。

庭がないからウッドデッキの設置が出来ないと諦めてしまう前に、
施工業者に相談してみる事をオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA