ウッドデッキの耐久年数を長持ちさせるには?

ウッドデッキの耐久年数に関しては、使用した材木や施工業者の技術も大きく影響します。
ですがお金をかけていい材木を選び、信用出来る施工業者を選んだとしても、
自分自身の手で耐久年数を縮めてしまっている可能性があります。

ではウッドデッキの耐久年数を長持ちさせるには、使用時にどのような事に気を付ければいいのでしょうか?

まず材木は水に弱いという事をよく理解しておきましょう。
湿気が多い状態が続くとカビてしまいますし、木が腐食してしまいます。
そのためウッドデッキを長持ちさせるためには、しっかり乾燥させる事です。

例えばウッドデッキに植物を置いていませんか?
植物を置く事で緑がたくさんあるとリラックス出来る空間になるでしょう。
プランターを置いてガーデニングをする事がウッドデッキを設置した目的という人もいるかもしれません。

ですが耐久年数を長持ちさせたいと思うのであれば、植物は置くべきではありません。
なぜかというと植物を置くと、水巻を頻繁にあげる事になります。
そのため頻繁にウッドデッキは水に濡れてしまい、材木にとってはよくない環境だと言えます。

ただし、ウッドデッキを極力濡らしたくないから、掃除はあまりしないという行為は逆効果です。
泥や犬の毛などの汚れが板と板の間に詰まる事で、水捌けが悪くなってしまいます。
またホコリや泥の中には、腐食を促す菌が存在し、汚れたまま放置すると材木の劣化が進んでしまいます。

そのため濡らしてもすぐに木が乾く晴天の日を選んで、ウッドデッキを掃除し、
キレイな状態を保つようにしましょう。

そしてウッドデッキを長持ちさせる最も効果的な方法は、
1年に1度のペースで保護塗装のメンテナンスを行う事です。
保護塗装は必ず浸透性のある材木用の保護塗装を使用するようにして下さい。

そして保護塗装の際のポイントは、床下に隠れてしまう部分や切断面なども忘れずに塗装して下さい。
塗り忘れてしまうと、その部分だけ保護されず、その部分から材木が腐ってきてしまいます。

保護塗装の方法は、天気のいい日を選び、最初にデッキブラシで水洗いして表面の汚れを落とします。
そしてその後しっかり乾かしてから、塗料を刷毛というのを使って塗装していきます。
塗料によっては、1度塗りでOKなタイプもありますが、基本的には1度塗り、
2度塗りを行った方が、しっかり保護されます。

このようにウッドデッキの耐久年数を長持ちさせたいと思ったら、汚れを落として水洗いし、
その後しっかり乾燥させる事。
そして1年に1度の保護塗装でメンテナンスを行う事を面倒くさがらずに、実行して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA