ウッドデッキの次にブームがくるのはタイルデッキ?

家の庭にテラスがあって、暖かな日射しの中、お茶でも出来たら最高ですよね。
今まではテラスを作ると言えば、ウッドデッキが主流でした。
しかしながら、今注目されているのが「タイルデッキ」です。

言葉通り、ウッドではなく、タイルを使用して作るデッキの事です。
タイルと言っても、お風呂場のタイルのように、コンクリートの上に貼りつける湿式タイルとは異なります。
デッキ専用の新しいタイプのタイルで、アルミフレームの上に、厚さ20mmの分厚いタイルを貼り付けます。
分厚いタイルなので、割れる心配も少なく、しかも基礎部分も材木ではなく、アルミフレームを使用します。
耐荷重が1800N/㎡なので、テーブルやイスを置いて人が乗っても全然問題ありません。

そしてタイルは接着剤で貼りつくので、ウッドデッキと比べると工事が簡単で、工事代も安くなります。

またタイルなので、カラーバリエーションも選ぶ事が可能です。
現在はまだタイルデッキ用のタイルが発売されたばかりなので、カラーバリエーションは多くありません。
ですが今後、ウッドデッキからタイルデッキが主流になれば、バリエーションも増えてくるでしょう。

ウッドデッキのように木のぬくもりはありませんが、スタイリッシュでモダンなテラスに仕上がります。
都心部の住宅街であれば、ウッドデッキよりタイルデッキの方が景観に合うと言えます。

気になる料金は、材木と比べるとタイルの方が1.5倍と高額になります。
しかしながら、先ほども言ったように、工事期間が短く工事費が削減できるので、トータルコストでは決して割高ではありません。

それに耐久性の長さの違いやメンテナンスにかかる費用を考えたら、ランニングコストでは、タイルデッキの方がお得になります。
ウッドデッキは、材木が雨や汚れが原因で腐ってしまい、耐久年数も10年前後となっていました。
ですが、タイルデッキの場合は、タイルなので水に濡れても乾きが早く、しかも劣化しにくいと言えます。

それに掃除も材木と比べると汚れが付きにくく、汚れを落としやすいというメリットがあります。
1年に1回のメンテナンスで塗装を行う必要性もありません。

ただし、注意点としてはタイルデッキが発売されたのは、2017年だという事です。
そのためあなたの近所のウッドデッキ専門の施工業者がタイルデッキの取り扱いを行っているのかどうか分かりません。
また劣化しにくい事は事実ですが、2017年に発売されたばかりなので、耐久年数の実績がないので何年ぐらい持つのか分からないと言えます

ですがそれでもウッドデッキが腐ってしまい、新しく作り直す必要があるという人は、タイルデッキも検討してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA