ウッドデッキに屋根をつけた方がいい?

ウッドデッキを設置する際に、屋根も一緒につける事で、ウッドデッキの活用方法がさらに広がると言えます。
ではウッドデッキに屋根をつけるメリットや料金相場について紹介します。

まずウッドデッキに屋根をつけるメリットは、雨風や直射日光から守られる事です。
例えばBBQと言えば、夏をイメージする人も多いですが、
夏に外に長時間いると直射日光を浴び続け紫外線が気になります。
ですが屋根で日陰スペースを作る事で、日中でも楽しくBBQをする事が出来るでしょう。

またウッドデッキを物干しスペースにしている場合は、
午前中に洗濯物を干して外出し、午後から急に雨が降る。
そんな状況でも屋根があれば、雨風から洗濯物を守る事が出来ます。

ウッドデッキ専門の施工業者が解説するDIYでのウッドデッキの作り方 「ウェブサイト

それにウッドデッキに屋根がある方が、周囲から目隠し効果があります。
戸建ての場合、ウッドデッキが設置出来るスペースに正面が道路だったり、
人通りが多い位置だったりする可能性もあるでしょう。
そうするとウッドデッキにイスをおいて、リラックススペースと思っても、
リラックス出来る環境ではありません。

ですが屋根をつける事で、目隠しされて、人目を気にせずにリラックスする事が出来るでしょう。
目隠し目的で屋根をつけるのであれば、屋根の先端が下方にカーブしているR型タイプがオススメです。

またウッドデッキに屋根をつける事は、雨風や直射日光が原因で生じる材木の劣化を軽減する事が出来ます。
そのため耐久年数が伸びる効果も期待出来ます。

それに屋根をつけた方が、よりオシャレな雰囲気となり、景観アップにつながります。
このようにウッドデッキに屋根をつけるメリットは、たくさんありますが、
どれぐらいの料金でつける事が出来るのでしょうか?

料金相場に関しては、選ぶメーカーやウッドデッキのサイズ、屋根の種類によって異なります。
ですが料金相場は10~20万円程度と考えておくといいでしょう。

ではウッドデッキの屋根の種類には、どんなものがあるのでしょうか?
「F型」と呼ばれるタイプは、フラットな長方形の屋根です。
シンプルなデザインなので、取りつけるとスタイリッシュな雰囲気になります。
フラットタイプが料金的にも、1番リーズナブルだと言えます。

先ほど少し紹介したR型は、屋根の先端が下方にカールしているタイプです。
目隠し効果のアップ以外にも、雨よけ効果もアップします。

「遮熱仕様」とは、言葉通り遮熱効果がある屋根になります。
通常の日射しであれば、フラットタイプでも十分に直射日光を遮る事は可能です。
ですが戸建てでウッドデッキの方角が、日射しが強い南側や東側に設置されている場合は、
日よけ効果としては遮熱仕様を選ぶ事をオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA